長野精器株式会社は、危険物施設における地下タンクの設計、施工、保守業務を手がける会社です。

危険物建物の施工・保守に関するお問い合わせ

PETROL STATION FACILITY

DESIGN /
CONSTRUCTION

地下タンク

近年、地下タンク設備においての土壌汚染事故が多発しております。鋼製タンクの老朽化等が原因で、現在ではFRPを使用したSF二重殻タンク・FF二重殻タンクが主流となってきています。
上記写真はSF二重殻タンク 容量30KL。

樹脂配管

石油製品搬送用地下埋設配管として開発された樹脂配管。接合部は電気の熱でパイプと接合材を溶かして一体化するため融着後は継ぎ目がなくなり漏洩の心配はありません。
耐油性はもちろん、耐震性・耐圧性・耐腐食性に優れています。

マーキング

ドライバーの給油を楽しくスムーズに!!

  • 給油車の誘導をスムーズにします。
  • 塗装ではなく樹脂なので、耐磨耗性、耐油性、耐久性に優れています。
  • デザインは自由でご希望にお応えできます。
  • 滑り止めにより転倒防止にも役立ちます。
  • 施工の翌日にはご使用いただけます。

電気防食工事

鉄よりも電位性の高いマグネシウムを埋設することによって迷走電流による、鋼製配管の腐食を防ぎます。

INSPECTION /
MAINTENANCE

地下貯蔵タンク等定期点検

地下貯蔵タンク等の施設は、三年ごとに定期点検が義務付けられています。(経過年数が15年を超えると毎年)タンク気相部・液相部、埋設配管等が検査対象になります。(施設の状況等により対象箇所が変わることもございます。)

移動貯蔵タンク定期点検

積載量1KLを超えるローリーは、3年に一度の圧力検査が必要です。

計量機メンテナンス

ノズルの油漏れ、機械の不具合には、経験を積んだスタッフが早急に対応いたします。

地下タンク清掃

地下タンク内の長年の汚れ、錆、水等の不純物を複数のストレーナーを通し綺麗に清掃します。地下タンク内の水を10cm検知しますと、危険な状態です。

CONTACT

危険物施設の設計・施工・保守、FRPライニング工法、土間補修などお気軽にお問い合わせフォームよりご連絡ください。